赤外線サーモグラフィ試験

赤外線サーモグラフィ試験

赤外線とは

赤外線は、1800年にイギリスの天文学者ウイリアム・ハーシェルによって発見されました。ウイリアム・ハーシェルは太陽光をプリズムで分光している時に、偶然に赤色光の外側に物体の温度を高くする目に見えない光があることに気がつきました。赤外線は、温度を持つすべての物体から自然に放射されています。物体の温度が高温になると、放射される赤外線の放射量も大きくなります。その放射量は、物体の温度の4乗に比例して大きくなります。つまり、赤外線の世界では、温度が高い物体ほど明るく光っていることになります。


赤外線の性質

赤外線は、可視光線とマイクロ波の間の、眼では見えない領域の光です。波長にして約1ミクロンから1ミリメートルの間で、さらに近・中・遠・超遠赤外線と分類されます。 可視光線と同じように真空中も空気中も直進します。また、可視光線と同じように透過や反射があります。ただし、透過する材質は限られます。

株式会社中部ニューテック


赤外線サーモグラフィの特徴

赤外線サーモグラフィは物体に触れず、離れたところから広範囲に測定することができます。足場を使用しなければいけない高所や、危険で近づけないものでも、簡単に温度計測できます。また一度に広範囲の温度分布を映像化します。したがって安全性に優れ、作業効率が良い調査方法だと言えます。


赤外線サーモグラフィの応用

土木構造物では橋梁の床版・高欄・下部工などの損傷(うき、剥離、漏水など)や斜面の吹付けコンクリートの損傷などの発見に活用できます。建築物ではタイルやモルタルなどの外壁仕上げ材の劣化調査診断やコンクリートの劣化調査診断、断熱欠損の調査や漏水調査、防水層劣化調査など様々に活用できます。

弊社では赤外線サーモグラフィカメラを使って様々な調査を行っております。


赤外線サーモグラフィカメラ
橋梁橋脚部の熱画像
橋梁橋脚部の熱画像
可視画像
可視画像



上記の写真は橋梁橋脚部コンクリートにおいて赤丸の部分が「うき」である可能性がある事を表しています。