塩化物イオン濃度測定

ドリル法

電動ドリルでコンクリート表面を削孔し、削孔により発生した削孔粉を試料として採取します。採取した試料で科学分析を行い、塩化物イオン濃度を測定します。測定結果は全塩分(硬化コンクリート中に含まれる塩分の全量)を評価指標として、塩害の評価、判定、劣化予想を行います。なお、全塩分定量方法は、塩化物イオン選択性電極を用いた電位差滴定法、チオシアン酸水銀(U)吸光光度法、硝酸銀滴定法等があります。

ドリル削孔による試料採取
ドリル削孔による試料採取
採取した試料
採取した試料
塩化物イオンの抽出
塩化物イオンの抽出
塩化物イオン濃度分布グラフ
塩化物イオン濃度分布グラフ

コア採取法

コア供試体を乾式コンクリートカッターで所定の間隔に切断し、全量粉砕して試料を作製します。作製した試料をもとに化学分析を行い、塩化物イオン含有量を測定します。

コアボーリングによる試料採取
コアボーリングによる試料採取
採取した試料
採取した試料